FC2ブログ

ブルーベリー安曇野 農園日記

安曇野市のブルーベリー農園です。 ブルーベリー狩り、時間無制限食べ放題、お土産400g付き!

ビービーツリー挿し木

IMG_8026.jpg
 姉妹農園で蜜蜂の蜜源にしたいと言う事で、ビービーツリー の挿し木を頼まれました。
1日水揚げをしてから、。


IMG_8027.jpg
 24cmのポットに鹿沼土をいれて、挿し木床を作ります。


IMG_8028.jpg
 少し長めで、混んでいますが挿し木をしました。

パソコンで見る場合は、画面を2回 クリックすると、画面が大きくなります。


IMG_8029.jpg
 穂木がいっぱいあったので、6鉢に60本程を挿しました。
ネットで調べて見ましたが、ビービーツリーの挿し木の例は少なく、どの位 活着するか判りませんが取り合えず挿して見ます。
うまくいけば、6か月後には鉢上げできると思います、が。


スポンサーサイト



この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本ミツバチの強制分蜂

IMG_2369.jpg
日本ミツバチの箱がいっぱいになったので、強制分蜂しました。

IMG_2366.jpg
蜂の数が同じになるように分けます。

IMG_2373.jpg
今年は姉妹農園の、安曇野観光果樹園 の方法で飼っています。
強制分蜂は初めてですが、どうなりますか?

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本ミツバチの分蜂 捕獲

CIMG2559.jpg
10時頃玄関に出てみると、蜂が騒いで飛び回っていました。
内側からの写真です。

CIMG2561.jpg
外側から撮った写真です。

CIMG2562.jpg
急いで金稜辺をもってきて置いたら、花に集まりました。

CIMG2564.jpg
別の方向から撮りました。

CIMG2565.jpg
重箱をもってきて、花を切って蜂の塊とまとめて入れました。
この時多くの蜂に触りましたが、刺されませんでした。

CIMG2566.jpg
とりあえずこのまま置いて、周囲の蜂が入るのを待ちます。

CIMG2568.jpg
次の日の朝の様子です。
まだ通っているとは言えない状態で、うろうろしています。

暫らく様子を見ることにします。

17日10時に出撃回数を測ったら、平均20匹/分でした。
順調になったと思います。

CIMG2619.jpg
19日10時の旧巣箱です。

CIMG2620.jpg
19日10時の新巣箱です。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

黄色スズメバチの巣

CIMG8920.jpg
2週間程前に二階の庇を見ると、黄色スズメバチの巣がありました。

CIMG8921.jpg
急に大きくなっています。

CIMG8917.jpg
横から見た様子です。
この下にいる、日本蜜蜂に被害が無ければ、このままにする積りです。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の分蜂

CIMG6804.jpg
朝8時頃、日本蜜蜂の箱を見たら、蜂がいっぱい出てきました。
みていると空を飛び回って、隣のミネゾの木に止まりました。

CIMG6805.jpg
断って、隣の庭に入れてもらい、巣箱に回収しました。

CIMG6808.jpg
まだだいぶ蜜蜂が残っています。

CIMG6813.jpg
次の日に見ると、非常に閑散としていますが、少しだけ通っていました。
出撃回数は、一分間に5回です。
最低でも、一分間に20回は欲しいところです。


この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子

CIMG6607.jpg
日本蜜蜂が、せっぺせっぺと花粉を運んでいます。

CIMG6609.jpg
ブルーベリーの花が真っ盛りです。
活躍してくれています。

CIMG6610.jpg
いつまで見ていても、飽きません。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の巣箱の日覆い。

s-160509CIMG2580.jpg
先日やっと入った日本蜜蜂の巣箱。
暑い日は、日が当たると中の温度が上がると思って、覆いをつけることにしました、

s-160509CIMG2581.jpg
ホームセンターへ行って、角材とMDFカット材を買ってきて取り付けることにしました。

s-160509CIMG2585.jpg
東と西に板をはりました。

s-160509CIMG2586.jpg
巣箱と板の間は、27mmの隙間があります。

s-160509CIMG2587.jpg
巣箱の蜂の出入り口には、以前買った、ハチマイッタ―がついています。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂逃げた

s-160423CIMG2493.jpg
昨日取り込んで玄関の横に運んで置いた、日本蜜蜂を見たら、数匹しかいません。
キンリョウヘンの置き場に行ってみると、周囲を飛び回っていました。

s-160423CIMG2494.jpg
正午ごろには、三株程の所に集まっていましした。

s-160423CIMG2495.jpg
夕方には一株に集結していました。
明日までに、取り込む方法を見つけるつもりです。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の分蜂

s-160422CIMG2473.jpg
昨日の朝キンリョウヘンに水をやろうとしたら、蜜蜂がいっぱい。

数日前から、飼っている蜜蜂の数が減って、さみしくなっていた訳が分かりました。
ここにきていたのです。


s-160422CIMG2476.jpg
早速箱を持ってきて近くに置いて、様子をみることにしました。
この後、雨の予報だったので、出かけました。

夜帰ってみると箱に入らず、雨に濡れていました。


s-160422CIMG2486.jpg
今朝、別の箱を持ってきて、キンリョウヘンごと箱の中に入れました。
夜になったら、今の蜂の近くに置くつもりなので、一輪車の上に置いたままです。

s-160422CIMG2485.jpg
出入り口です。

s-160422CIMG2487.jpg
夜になってから、運ぶつもりです。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

今日の日本蜜蜂の様子

s-160218CIMG2025.jpg
畑から帰ってみると、蜜蜂が飛び跳ねていました。

s-160218CIMG2024.jpg
アップしてみます。

s-160218CIMG2023.jpg
さらに、アップしてみます。
今年は暖かかったので、段ボールをかぶせただけだったのですが、元気で生きています。
朝の気温は―6℃、この時は6℃位です。
意外と低い温度でも活動するようです。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の継箱

s-150810CIMG9553.jpg
箱の中がいっぱいになったらしく、一週間ほど前から外に出ている蜂が多くなってきました。
右側から見た所です。

s-150810CIMG9560.jpg
北側から見た所です。

s-150810CIMG9554.jpg
少し拡大しました。

s-150810CIMG9557.jpg
さらに拡大してみました。

s-150810CIMG9577.jpg
当園のスタッフと二人で、下から1段目と2段目の間に箱を2段追加しました。
非常に重く、巣が下まで伸びて来ていましたので、一部をつぶしてしまいましたが、何とか2段の継箱が出来ました。
この時自分は、ゴムの手袋をしていたのですが、指の付け根を刺されてしまいました。

s-150810CIMG9579.jpg
下の部分の拡大です。
周囲をいっぱいの蜜蜂が飛び回っています。
女王蜂が無事で、早く落ち着いてくれればよいのですが・・・・・・。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子

s-150620CIMG2167.jpg
日本蜜蜂は元気で通っています。

s-150620CIMG2169.jpg
花粉を足に着けた蜂もいます。

s-150620CIMG2168.jpg
出撃回数は100/一分以上でカウントが間に合いません。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の購入

s-150423CIMG1658.jpg
ブルーベリーの受粉に、去年は1群だけだった日本蜜蜂をを、もう1群増やすことにしました。
ヤフーオークションで、熊本県からです。
蜜蜂が窒息しない様に、段ボールにいっぱい穴が開いています。

s-150423CIMG1659.jpg
段ボールから出しました。

s-150423CIMG1660.jpg
底の1段を追加しました。
1時間程見ていましたが、一匹も出てきません。
暖かい地方から来たので、寒さにおじけずいているのかな・・・・・・・・。

s-150423CIMG1669.jpg
これは、去年からいる群です。
良く見ると、ほとんどの蜂が足に花粉をいっぱいつけています。

s-150423CIMG1662.jpg
2時間程経ってから見るといっぱい出て、周囲を飛び回っていました。
一安心です。


s-150423CIMG1673.jpg
その1時間後には、数匹づつ通っていました。
まだブルーベリーの花は咲きませんが、受粉に活躍してくれることを期待します。

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

作業台(調理台)が届きました。

s-150202CIMG0719.jpg
今までここには1台の作業台(調理台)だけでした。
上に日本蜜蜂の巣箱を、いくつも置くために数を増やすことにしました。

 
s-150203CIMG0727.jpg
東製作所 の調理台(ACO-1800L)を2台購入しました。
(とらぬ日本蜜蜂の皮算用?)
購入先は、Amazon  です。

運送屋さんが一人で来たので、一緒に運んだのですが、とにかく重い!
道路から運んだので、距離が長い。
腰が心配、年を感じます。
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子です。

s-140725CIMG9652.jpg
今日は非常に暑くなったので、蜜蜂を見るといっぱい出ていました。
 
s-140725CIMG9654.jpg
アップして見ます。
中の蜂がすべて出ている様な感じです。
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子です。

s-140709CIMG8953.jpg
今日は蒸し暑かったです。
蜜蜂を覗いてみると、巣門の外にいっぱい出ていました。
 
s-140709CIMG8945.jpg
ズームして見ると。
 
s-140709CIMG8951.jpg
さらにズームして見ると、かなりの数の蜂が出ています。
暑い為か?
分蜂の準備か?
一寸心配です。
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂が入りました。

s-140611CIMG8551.jpg
昨日空を多くの鉢がすごい音を立てて飛び交っていました。
どこかに止まったら、取り込もうと待っていたら、去年逃げた箱に入っていくようでした。
 
今朝みたら入っていました。
 
s-140611CIMG8553.jpg

カーポートの物置の地面に置いた箱に入っていました。
去年すべていなくなったので、来年購入しようと計画していたので、このまま居ついてくれるとうれしいです。
 
s-140611CIMG8554.jpg
しばらくそっとしておきます。
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の分蜂

s-20130604CIMG2313.jpg
午後2時半ごろ、外に出ると少し騒がしい。
見ると前回の所に蜂玉を作りつつある。
 
 
s-20130604CIMG2318.jpg
ブルーベリーを置いてある台の下の様子です。
 
 
s-20130604CIMG2320.jpg
さらに近づいて撮ってみました。
 
 
s-20130604CIMG2321.jpg
今回は絶対に逃げられたくないので、さっそく箱を持ってきて塊の下に置いて、掻き落としました。
まだ外に飛び回る蜂がいますが、夕方までここに置くことにしました。
 
 
s-20130606CIMG2334.jpg
次の日の朝見たら、少し通っているように見えましたが・・・・・・・
 
 
s-20130606CIMG2329.jpg
さらにその次の朝見たら。
逃げた。
残念、無念。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂が分蜂したけれど

s-20130531CIMG2278.jpg
苗木の植替えをしていて、お昼に来てみると、鉢が分蜂して蜂玉を作っていました。
 
 
s-20130531CIMG2282.jpg
元気な蜂達です。
夕方に取り込もうとして、お昼を食べて一休みしてから、見ると。
 
 
s-20130531CIMG2287.jpg
もぬけのから。
どこかに行ってしまいました。
家の周囲を見ましたが、どこにもいません。
残念! 無念!
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の捕りこみ

s-20130522CIMG2136.jpg
11時頃、温室の中のブルーベリーに水をくれようと思って中に入ると、なんかうるさい。
見ると、蜜蜂が一塊いました。
 
 
s-20130522CIMG2139.jpg
早速巣箱を横に置いたのですが、いつまでも入る様子はありません。
夕方7時過ぎに、箱の上に置いて、段ボールで掻き落として出入り口を軽くふさいで、畑の隅に置きました。
 
 

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

ブルーベリー受粉用の蜂達

s-20130509CIMG1886.jpg
筒花蜂(マメコバチ)の巣です。
今日は暑い位に気温が上がったので、この周りに数十匹飛んでいました。
 
 
s-20130509CIMG1881.jpg
蜂はいっぱい飛び回っているのですが、写真には写りませんでした。
日本蜜蜂を飼い始めてから、余り必要が無いと思っていましたが、結構活躍してくれそうです。
 
 
s-20130509CIMG1891.jpg
日本蜜蜂、1群と2群はスムシに入られて、元気がありません。
 
 
s-20130509CIMG1920.jpg
日本蜜蜂、3群は非常に元気です。
4群は消滅しました。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂消滅

s-20130407CIMG1298.jpg
4群の蜜蜂がいたのですが、第四群が消滅してしまいました。
去年分蜂して、取り込んだ群です。
スムシに入られて、蜂子出しをしているのを見て心配をしていましたが、やっぱり駄目でした。
 
 
s-20130407CIMG1300.jpg
巣の中を見ても、生きている蜂は居ません。
気温の高い日は1群と3群は元気に通っていますが、2群が元気がありません。
残った群が分蜂して増えてくれれば、良いのですが・・・・・・。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂用のキンリョウヘンの様子です。

s-20130322CIMG1155.jpg
しばらく見ないうちに、蕾が大きくなっています。
 
 
s-20130322CIMG1156.jpg
花のつぼみが見えています。
 
 
s-20130322CIMG1157.jpg
今の所順調に育っているようですが、去年はほとんどナメクジに花を食べられてしまったので、今年は注意が必要です。
蜜蜂の分蜂までに、ほとんど咲き終わってしまいそう?
それより、トラブル続きの日本蜜蜂が分蜂するか?
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の巣箱が・・・・・・続

s-20130314CIMG1065.jpg
昨日薄暗くなってから、縦にした日本蜜蜂の巣箱です。
朝見たら、周りはうっすら雪が積もっていました。
 
 
s-20130314CIMG1067.jpg
外に出ていた蜂が、入り易いように巣門の周りを大きく開けておきましたが、うまく入らなかった様です。
巣門の下に、固まって震えている蜂がいます。
そこで、今までの段ボール箱もかぶせることにしました。
 
 
s-20130314CIMG1069.jpg
今度は、重石のブロックを2個にしました。
 
 
s-20130314CIMG1070.jpg
昨日は暖かかったのですが、今日は非常に寒いです。
いつまでも、雪が解けません。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の巣箱が・・・・・・・・・・・

s-20130313CIMG1063.jpg
外出から帰ってみると強風の為、蜜蜂の箱が倒れて下に落ちていました。
下の植木鉢の所です。
やっとカミさんと、この状態まで上げて立てようとしていたら、眉毛の中を刺されたので、中断です。
 
 
s-20130313CIMG1057.jpg
蜂が周りにいっぱいいて、近寄れません。
 
 
s-20130313CIMG1059.jpg
蜂の出入り口には、蜂蜜がいっぱいこぼれていました。
夕方になったら、縦にするつもりでこのままにしておきました。
 
 
薄暗くなってから縦にしましたが、女王蜂が無事か心配です。
 
 

 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の巣箱

s-20130225CIMG0831.jpg
ヤフーのオークションで購入した、日本蜜蜂の巣箱が到着しました。
重箱式で五段のセットとオプションで、窓付きの重箱を一段と、夏用の底が網になった底板部、を追加しました。
順調にいけば、5月~6月に分蜂するので、待ち箱に使うつもりです。
現在、4種類の箱が、10個ほどありそれぞれ特徴があります。
どの箱が良いのか、今後調査してゆく予定です。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子

s-20130202CIMG0730.jpg
今日は温かくなったので、一群と三群の蜜蜂が出ていました。
これは、三群です。
 
 
s-20130202CIMG0734.jpg
これは、一群です。
外を、広範囲に飛び回っていました。
二群と4群は出てきませんでした、ちょっと心配です。
 
 

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の時騒ぎ

s-20130113CIMG0538.jpg
午前10時頃、4群だけが10匹程外に出て飛び回っていました。
 
 
s-20130113CIMG0543.jpg
午後2時頃、剪定の帰りに見ると、今度は3群がいっぱい飛び回っていました。
まだ外気温は最高で、8℃位です。
1群と2群も見てみましたが、一匹も出ていませんでした。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

キンリョウヘンの花芽

s-20121216CIMG0002.jpg
今まで育ててきた12鉢の中から、ようやく2鉢に花芽らしい物が見えてきました。
 
 
s-20121216CIMG9998.jpg
こちらは、良く見ると3個の花芽があります。
今後はナメクジに要注意です。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

キンリョウヘンの移動

s-20121216CIMG9997.jpg
今まで温室の窓際に置いてあった、キンリョウヘンを中央に移しました。
これで少しは、寒さ対策になることと思います。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の防寒 第二弾

s-20121202CIMG9970.jpg
最低気温がー5℃以下になる様になって来ました。
今までの防寒対策は、上部が30cm角の巣箱に、40cm角のダンボールを被せただけでした。
そこで、段ボールを取って、
 
 
s-20121202CIMG9972.jpg
ウィンターシーツを3枚巻きまして、底と上面に発砲スチロール板を置き、
(ウインターシーツは、ヤフーのオークションで10枚約3800円で最近購入した140cmX240cmのサイズの物です。)
 
 
s-20121202CIMG9975.jpg
前の段ボールを、かぶせました。
手前は、3群で、4群は昨日やりました。
1群と2群は近日中にやる予定です。
(12月3日に終了しました。)
 
越冬用貯蜜の必要量は?
11月中旬~4月中旬まで150日、1日100gづつ必要だとすると、15kg。
1、2、3、群はなんとかなりそうですが、4群は家に来てからの分蜂ですので、足りなく心配です。
    
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の冬支度 第一段

s-20121115CIMG0001_20121115134542.jpg
寒くなってきて、最低気温が氷点下になる日がある様になってきたので、寒さ対策第一弾をすることにしました。
 
 
s-20121115CIMG0003.jpg
取りあえず、寒風があたらない様にと段ボールをかぶせました。
これは、第一群です。
 
 
s-20121115CIMG0005.jpg
アップです。
 
 
s-20121115CIMG0006.jpg
第三群と奥が第四軍群です。
 
第二群は数日後にやる予定です。
 
気温が氷点下5℃以下になったら、さらに対策をする予定です。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

キンリョウヘンの移動

s-20121013CIMG6241.jpg
朝晩、冷えてきました。
外に出してあったキンリョウヘンやレモンを温室に移しまた。
キンリョウヘンの根元を見ましたが、花芽のカケラモ見えません。
 
栃木の方から、アドバイスをいただいたのですが、非公開の場合お礼が書けません。
この場で、ありがとうございました。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂 継箱

s-20121012CIMG1535.jpg
第三群の巣が巣門部に届きそうになったので、継箱をしました。
三つ並んでいる巣箱の手前です。
真中は予備、一番奥は四軍です。
 
 
s-20121012CIMG1541.jpg
巣門の上の段の様子です。
  
 
s-20121012CIMG1544~1
この軍が一番元気が良く、非常に重くなっていました。
下から二段目が今回たした箱です、覗き窓は、右側になりました。
何とか無事に冬を越して欲しいものです。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の給餌

s-20120930CIMG1449.jpg
四群ですが、蜂子出しが続き冬越しが心配になってきました。
昨夜砂糖水を作って、置いたのですが、朝8時ごろ見たら、余り減っていません。
隣に置いてある、三群から来ているように見えましたので、
 
 
s-20120930CIMG1450.jpg
三群にも余りを置いてみました。
この給餌器は差し込む方式ですが、四軍の向きに置けば、そちらには行かないと思いおいてみました。
1時間後にみましたが、給餌に来ていません。
 
 
s-20120930CIMG1451.jpg
3軍の巣門の様子です。
  
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

みつばち飼育届

s-20120918CIMG6149.jpg
長野県松本地方事務所 農政課 生産振興係
    〒390-0852 松本市島立1020長野県松本合同庁舎5F
    電話 (0263)40-1917
に行って、みつばち飼育の届け出をしてきました。
 
5群以下の場合、届出義務はありませんが、任意の届出をしていただけた場合は、腐蛆病検査等の養蜂振興に活用させていただきます。
という事で、今現在当園の飼育軍は、4軍ですが、順調に行けば、来年は5群以上になる予定なので、早めに届けてきました。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

蕎麦の花

s-20120915CIMG1332.jpg
蕎麦の花を見に行きました。
この場所は、家から200m程東に歩いたところです。
家の日本蜜蜂たちも、ここにきていると思います。

 
 
s-20120915CIMG1337.jpg
自分の影が映っています。
6月24日にも花の写真が載っています。
 
 
s-20120915CIMG1338.jpg
家から東北500m位の所、数か所にソバ畑があります。
 
 
s-20120915CIMG1343.jpg
前に写真を撮った時は、左の木には栗の花が咲いていました。
今は、栗のイガが大きくなっています。
 
 
 * FC2の容量が増えました。
今まで、2GBでいつ満タンになってしまうか、心配でしたが、9月12日から10GBに増えました。
当分、大きな写真が多く乗せられそうです。
 
このブログを見て下さった皆様、拍手のボタンを押して下さった皆様、心から感謝します。
 
  
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂vs黄色スズメバチ

s-20120915CIMG1358.jpg
これは、3軍の蜜蜂の素です、
最近黄色スズメバチが来て蜜蜂を狙っています。
丁度居合わせた時は、バトミントンのラケットで叩き落とすのです。
ふと見ると、
蜂の団子ができていました。
この写真を撮ってから、アップで撮ろうとしたら、がさっと下に落ちました。
 
 
s-20120915CIMG1359.jpg
ピントがいまいち合っていませんが、落ちた後の様子です。
後で見たら、黄色スズメバチの死骸だけがありました。
蜜蜂は、一匹も死んでいませんでした。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

蜂子出し

s-20120904CIMG1212.jpg
数日前から、4軍に鉢子だしが始まっています。
せっかく、分蜂して喜んでいたのに・・・・・・
原因と対策を模索中です。

9月5日、原因が分かりました、スムシです。
取りあえず掃除をして、よそのH・Pを参考に、段ボールを3cmの幅に切って、3枚程入れておきました。
2週間に一回程取り替えればよいそうです。
それでも駄目なら、Bー401 というものを使用するつもりです。
 
 
 
s-20120904CIMG1208.jpg
隣の3軍は問題なさそうです。
1群も2群も元気です。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

キンリョウヘンの様子

s-20120903CIMG6023.jpg
3年程前に購入したキンリョウヘンが、ようやく順調に育って来ました。
 
 
s-20120903CIMG6025.jpg
その一部をアップしてみると。
 
 
s-20120903CIMG6024.jpg
その中で、調子の良い物の例です。
21cmのCSポットです。
 
 
s-20120903CIMG6026.jpg
これも、一部の葉が日焼けしていますが。
21cmのCSポットです。
 
 
s-20120903CIMG6027.jpg
大きな株です。
24cmのCSポットです。

 
s-20120903CIMG6028.jpg
これから、どの位育つのか?
18cmのCSポットです。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の給餌

s-20120803CIMG5354.jpg
第四軍の蜜蜂の出撃回数が、隣の第三群と比べて、1/4と少なかったので、給餌をしました。
給餌の用具は、この巣箱を販売した方に、改造と給餌器の手配を、お願いしました。
洗双糖の50%溶液を約500cc作って、昨日の早朝置きました。
洗双糖は砂糖に比べて、ミネラルが多いので、蜜蜂にも良いと思います。
一日半で、完食しました。
ここは、冬の最低気温が、-18℃位になるので、それまでに力をつけておいて欲しいです。
 
 
s-20120803CIMG5355.jpg
給餌器のアップです。
出入り口に差し込む方式になっています。
 
 

 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の暑さ対策

s-20120717CIMG0135.jpg
これは、第3群です。
朝5時18分、昨夜からいっぱい外に出て、涼んでいました。
そこで、巣門部を夏仕様に代えることにしました。
続きは、20日に書きます。
 
 
s-20120718CIMG4915.jpg
これは、ヤフーのオークションで落札してから、夏用に改造してもらった、巣門掃除口一体型です。
底の金網の面積が多いので、換気が良いです。
 
 
s-20120718CIMG4940.jpg
次の日の朝のほぼ同じ時間です。
涼んでいる蜜蜂は、いません。
みんなせっせと出撃していきます。(19日朝5時20分撮影、アップ20日)
 
 

s-20120717CIMG0164.jpg
第4軍夏仕様の幅広い、巣門の部分を付け足しました。
 
 
s-20120717CIMG0165.jpg
巣門部のアップです。
 
 

  この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の継ぎ箱

s-20120705CIMG4510.jpg
暑くなってきたので、通気性の良い巣門に交換しようと、ヤフーのオークションで購入した巣箱を、改造しました。
今までの巣箱と板厚が違うので、板を足しました。
 
 
s-20120705CIMG4508.jpg
観察窓の継ぎ箱には、巣落ち防止が無かったので、丈夫なやつを取り付けました。
 
 s-20120706CIMG4447.jpg
底は網になっているので、風通しはかなり良くなります。
 
 
s-20120706CIMG4476.jpg
二段増えたので、大分高くなりました。
気になるには、今までの巣箱があまり重く感じられなかったことです。


 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の分蜂

s-20120628CIMG4408.jpg
12時少し前、70m位離れた所で、ブラックベリーの手入れをしていると、家の方で蜜蜂の飛ぶものすごい音がしていました。
 
 
s-20120628CIMG4409.jpg
空一面に、蜜蜂がすごい勢いで飛び回っています。
後でみたら、5月14日に購入した、第一軍が分蜂したようです。
 
 
s-20120628CIMG4413.jpg
しばらく見ていると、30m位離れた、隣の木に行っている様です。
隣のご主人にお断りして見に行ってみると、モミジの木に蜂玉を作っていました。
 
さあどうする!
 
日本蜜蜂を飼いだして、1ヶ月半、ちょっとあわてました。
 
購入した人に電話で、教えてもらおうとしましたが、あいにく電話が通じません。
 
そこで、第三軍を購入した人に電話して、教えていただきました。
 
 
s-20120628CIMG4422.jpg
巣箱をすぐ下において、蜂をそっと下に落としました。
蓋をしてしばらくすると、残っていた蜂も入り始めました。
 
まだ周りに飛んでいる蜂がいるので、夜になったら巣箱を持ち帰るつもりです。
 
 
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の箱の継ぎ足し

s-20120628CIMG4430.jpg
昨夜、24時ころ一段つけたしました。
あとで聞いたのですが、付ける位置は巣門のすぐ上の段が良かったようです、が一番上につけてしまいました。
 
 
s-20120628CIMG4432.jpg
置いてある場所は、玄関の前のカーポートのしたです。
右に隙間を開けて、休憩所からもう一軍の箱を持ってくるつもりでしたが、2km以内の移動はダメだそうです。
 
 

この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の様子

s-20120626CIMG4368.jpg
午後3時頃、一斉に中に風を送っています。
 
 
s-20120626CIMG4315.jpg
午後8時15分頃、外に出て夕涼みをしています。
 
 
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の蜜源

s-20120624CIMG4300.jpg
ちょっと散歩に出かけると、蕎麦の花が咲いていました。
 
 
s-20120624CIMG4304.jpg
広い畑ですが、真っ白になるほど咲いています。
 
 
s-20120624CIMG4307.jpg
さらに歩いていくと、栗園です。
数か所あります。
  
  
s-20120624CIMG4308.jpg
栗の花も満開のようです。
甘い香りが、漂っています。
家の日本蜜蜂が、ブラックベリーの花に来ていない理由が分かりました。
  
  
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂の出撃回数

s-20120601CIMG4193.jpg
3軍の日本蜜蜂がいますが、どの位通っているか調べてみました。
朝早いと数が、少ないので、10時~カウントです。
 
購入順に、一分当たりの出撃した蜂の数です。
第一群・・・・・90匹
第二群・・・・・45匹
題三軍・・・・・45匹
でした。
第一群の箱は、出入り口が3箇所有ってそれぞれ、出入りしています。
 
まだ、ラビットアイ系とハイブッシュ系の遅咲きのブルーベリーの花がいっぱい咲いていて、受粉に活躍してくれています。
 
これから、心配なことは、一軍と二軍の箱は、薄い板でできているので、冬越しができるのか?

それから、日本蜜蜂の行動範囲は、2km位だそうです。
その範囲だと、果樹園がいっぱい有って、農薬をいっぱい使っているので、そこで農薬付の、蜜や花粉を運んできて、それにより全滅しないか?
の2点です。
  
  

  この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂 2

s-20120523CIMG3958_20120525221107.jpg

先日購入した日本蜜蜂と別にもう1群購入しました。
 
  
s-20120523CIMG3959.jpg
置き場所は、ブルーベリー園内を考えていましたが、良い場所が見つからなかったので、家の西側に置きました。
 
 
s-20120523CIMG3957.jpg
入口の蓋を外すと、蜂が一斉に飛び出しました。
  
  
s-20120523CIMG3977.jpg
到着してから5時間後、蜂達が通っています。
  
  
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから

日本蜜蜂

s-20120516CIMG4069_20120516180441.jpg
ブルーベリーの受粉用に、日本蜜蜂を購入しました。
 
日本蜜蜂用 逃去防止器を取り付けてみました。
一匹大きな蜂が出られなくて、うろうろしています。
 
 
s-20120516CIMG4072.jpg
これは、別の群です。
まだ静かです。
 
 
s-20120516CIMG4075.jpg
1時間半後に見るといっぱいいます。
逃去防止器が、邪魔そうです。
 
 
s-20120516CIMG4080.jpg

こちらの群も活発になってきました。
 
 
s-20120516CIMG4085.jpg
アップにしてみます。
   
ハイブッシュ系のブルーベリーの時は、蜜蜂はいっぱいきますし、筒花鉢(マメコバチ)もいっぱいいますが、ラビットアイ系になると、蜜蜂の数は減り、筒花鉢も巣作りを終えて、受粉が悪かったです。
数年前から、計画をしていましたが、今回思い切って2群購入しました。
  
  
この記事に拍手をしてくださった方のコメントはこちらから